高齢者の食事で気を付けること

  • 寿司を美味しく食べるには

    • 昔と違い、今は気軽に家族連れでも食べに行けるようになった寿司。



      一昔前までは、回転寿司屋というものもなく、一軒のお店で老舗が多く、敷居が高くて高級なイメージがあり、接待等特別な時に食べに行くような感じでしたが、フランチャイズチェーン店等ができ始めてからは、小さなお子様連れでも気にする事無くリーズナブルに楽しめるとあって、外食産業でも人気が高まっています。
      そんな寿司には、色々マナーがあり、特に老舗等の一軒のお店にて食す際には、気を付けたいところ。



      食べる順番は〇〇からだとか言われていますが、基本的に食べる順番は好きなものから食べても良いとされています。また、女性の場合は気を付けるべき事は、ネタとシャリを別々にして食べたり、髪の毛を纏めず触りながら食べる、香水をつけて行く等、身嗜みの部分でも注意が必要です。

      また会話1つにしても大声で笑ったり等は避けるべき事かもしれません。
      気遣いばかりでは食べた気がしないという人もいるかもしれませんが、お店によって食と雰囲気を楽しむというところなど色々ありますので、予めリサーチしておくとスムーズです。寿司を最高に美味しく食べるには、醤油はガリにつけて、そのガリでネタに醤油をつけて食べるというのもマナーではありますが、1番美味しく食べる為の工夫とも言えます。
      よくシャリ側を醤油につける人がいあmすが、そうするとシャリが崩れて醤油皿にシャリが散らばってしまい汚く見えます。

      逆にネタ側につけると、つけすぎてネタ本来の味が楽しめなかったり、醤油皿の中にネタを直接つけると、脂が波紋のように広がるのを見たことがあると思いますが、それは魚などのうまみで、逃げてしまうというのもあります。

      ガリを醤油につけてそれをネタにつける事で程よい量の醤油で、うまみを逃すことなく食べることができ、スマートな食べ方です。


      軍艦巻の時は特に役立つ醤油の付け方です。


      また、口に運ぶ時にシャリを舌側にする人が大半ですが、横向きにしてシャリとネタが半分ずつ舌に均等に乗るように口に運ぶと、シャリとネタの一体感で楽しむ事ができます。


      ネタ側を舌に乗せるのも良いですが、シャリと別々に味わうようなもの。

      シャリもこだわりを持って、ネタに合わせて調整してお酢の量や硬さなども考えられているので、ネタ同様にメインとなります。



      両方を一度に味わい、一体感を堪能するには寿司自体を横向きにして食べるのがベスト。


      そして一口で食べる事。

      よく皿の上で別々にしたり、半分にしたりする人もいますがマナー的にも良くありませんし、美味しさも半減してしまう原因です。
      人は舌の全体で色々な味を吟味します。
      乗せる部分によって味が少し変わるもの。噛んでのみ込むまでに舌全体で味わい、鼻から抜ける香りを感じて喉に運ぶ。
      それまでが美味しいと感じる瞬間なので、食べる時には老舗でなくてもちょっとこだわってみると、普段と違った味わいを感じる事ができます。

  • 関連リンク

    • 昔と違い、今は気軽に家族連れでも食べに行けるようになった寿司。一昔前までは、回転寿司屋というものもなく、一軒のお店で老舗が多く、敷居が高くて高級なイメージがあり、接待等特別な時に食べに行くような感じでしたが、フランチャイズチェーン店等ができ始めてからは、小さなお子様連れでも気にする事無くリーズナブルに楽しめるとあって、外食産業でも人気が高まっています。...

    • 高級なお寿司屋さんなどに行くと、つい気分が良くなって、普段とは違った振る舞いをしてしまい、それがマナー違反につながってしまうことがあるものです。また、普段通り落ち着いて食事をしたとしても、無知であることが人を不快な気持ちにさせてしまうことがあるものです。...