高齢者の食事で気を付けること

  • 高齢者に適した食事内容

    • 高齢者の食事は家族が管理しないと、低栄養に陥る可能性があります。


      低栄養とは体を作る基本であるタンパク質が不足している状態で、骨がスカスカになったり体力が低下したりします。元々高齢者は免疫力が低くなりがちなので、しっかり食事で栄養を摂取しないと病気のリスクが高まります。


      70歳以上では男性が2200キロカロリー、女性が1750キロカロリーを1日で摂取しなければなりません。


      高齢の夫婦だけで暮らしているなど、高齢者だけの世帯では同じ物ばかりを食べる傾向があり、栄養の偏りにつながります。


      足腰が弱くなれば買い物も面倒になるため、インスタント食品を買いだめするなど不健康な生活になりやすいです。

      毎日似たような食事にならないように、家族が調理を手伝うことが大切です。

      特に季節の食べ物は栄養満点で、美味しく感じることができます。

      旬を迎えた野菜や果物をふんだんに使うと、料理の彩りが良くなって食欲も湧きます。

      お正月のおせちやひな祭りのちらし寿司など、季節の行事によって食べると良い料理もあります。


      栄養価の高い料理を作って家族が揃えば、精神面も充実します。

      人によっては好き嫌いが多いこともありますが、それは無理やり食べさせる必要はありません。味の好みは長年変わらないことが多く、美味しくない料理が続くと食事自体を避けるようになってしまいます。栄養バランスを考慮しながらも、好きな食べ物や味付けを尊重すると良いです。

      まったく新しい神戸のケータリングの知識が身につきます。

      高血圧や糖尿病など持病を持っている人も多いので、料理のポイントは主治医と相談し健康を害さない程度に美味しさを追求します。
      高齢者は特定の食べ物が喉につかえて窒息しかけたなど、嫌な体験をするとその食べ物を食べたがない場合もあります。

      幅広い分野の大阪のオードブル宅配の情報をお知らせいたします。

      食べ物の味そのものは嫌いでなくても、再び嫌な体験をするのを恐れます。


      嫌な体験は調理方法に問題があるため、食べやすいように食べ物をカットしたり煮たりすることが重要です。
      肉は噛み切れないこともあるため、小さめに切ったりミンチを使ったりします。


      野菜や果物の皮は基本的に剥きますが、皮の栄養素を損ないたくないならば小さく切れ目を入れて咀嚼を簡単にします。

      顎の筋肉が低下していると焼いたり炒めたりした料理は食べにくいです。

      中目黒のbarの知識が身につきます。

      煮物にして食べ物にたっぷりの水分を加えると食べやすくなります。
      高齢者は便秘になりやすいため、食物繊維を摂取しなければなりません。
      しかし食物繊維は噛み切るの大変なので、線維を断ち切るように野菜や果物をカットします。既に介護を行っている家庭では、家族が誤嚥を防ぐ必要があります。椅子に座れる場合は体を支えて姿勢を正しくし、寝たきりでベッドから離れられない場合はクッションや枕を使って首をできるだけ前に起こします。口から食べ物を入れると、嗅覚と視覚に加えて味と食感も楽しむことができるため、脳への刺激になります。

      咀嚼することで唾液の分泌量が増えて、口内細菌の繁殖も防げます。

  • 関連リンク

    • お寿司といえば、高価で特別な時でないと食べられないものでした。高級店などに行きますと、一人数万円もの料金を支払わなくてはなりませんでした。...

    • 高齢者の食事は、栄養のバランスを考える必要があります。一人暮らし、特に男性の場合は簡単に食べられるという理由で、パンやうどんなどおかずなしで、食べる方も多いです。...