高齢者の食事で気を付けること

  • 仕出しについての説明

    • 仕出しと言うのは店に注文して、料理を希望の場所に届けてもらう事を言います。
      店の形態は、色々有ります。店舗を持って仕出しのみする場合や、普段そこで客に食事を提供しており、注文が入った場合に料理を提供するなど、店によって違います。


      しかし料理の出し方は基本的に一緒で、料理を器に盛って一人分ずつの懐石形式にしたり、弁当箱に盛ったり、大皿に盛ってオードブルにしたり、と言った形が一般的です。蕎麦やラーメンなどの出前もこの一種ですが、それよりも高価でお客様に出す料理を、こう呼んでいます。


      また基本的には和食を出す場合にこう呼ばれますが、洋食や中華でも、この形式で届ける場合は同じく仕出と言います。
      似た物にケータリングが有りますが、この場合はビュッフェ形式で提供されます。完全に調理が済んだ物を提供する仕出しに対して、こちらは調理スタッフ同行して、現場でオムレツなど簡単な料理を調理して、提供する事も有ります。



      仕出しの起源は、江戸時代の間で有ると言われています。

      しかし始まった時期、と言うのは不明です。
      江戸時代は外食産業が非常に発展した時期で、高級料理を出す料亭が誕生したり、現在の日本料理の代名詞である、寿司や蕎麦そして天ぷらなどもこの時期に誕生しています。



      当初は仕出と言うよりも出前だったようで、大人数の注文であれば蕎麦を、希望の場所に届けたりしていたようです。


      19世紀始め頃の浮世絵には、仕出屋から取った料理と言われる描写も有り、その頃には確立されていた文化なのだと思われます。


      江戸時代の夕涼みでは、屋形船に乗る事も流行っていたようで、そこに料理を取寄せて楽しんでいた、という話もあります。現在では仕出しと言えば、弁当が主流です。
      これは会議や会合、ちょっとした集まりなどのお客様の為に、店に注文して昼食として準備するのに重宝します。



      請負う店の数も多く価格帯も様々なので、大き目の都市に住んでいる場合は便利に使えます。
      そうでない場合も、数軒はそう言う店が有るのが一般的なので、選ぶ範囲は限られますが利用できるでしょう。
      料理の内容や予算によって、適切な物が選びやすいので、様々な客層に合ったものを簡単に選べます。

      また料理も結婚などのおめでたい席や、法事など様々な場面に合わせた料理が選べて、盛り付けも美しいので予算に合わせて使うと、喜ばれるのではないでしょうか。この業態で営業している店は、各種イベントの為の料理に力を入れている店が多いので、様々な場面で使えるはずです。

      誕生日や七五三、ちょっとしたおもてなしやパーティーなど、色んな場面を想定した料理が準備されています。
      仕出と言うと馴染みがない感じがしますが、様々な場面で利用できる、便利な存在です。

      利用すれば畏まった席に出る前に、料理疲れする事もありません。

      そして美味しくて、美しい料理でみんなが楽しめます。

      江戸時代から続く便利なシステムを、利用しない手はありません。

  • 関連リンク

    • 高齢者の食事は、栄養のバランスを考える必要があります。一人暮らし、特に男性の場合は簡単に食べられるという理由で、パンやうどんなどおかずなしで、食べる方も多いです。...

    • 昔と違い、今は気軽に家族連れでも食べに行けるようになった寿司。一昔前までは、回転寿司屋というものもなく、一軒のお店で老舗が多く、敷居が高くて高級なイメージがあり、接待等特別な時に食べに行くような感じでしたが、フランチャイズチェーン店等ができ始めてからは、小さなお子様連れでも気にする事無くリーズナブルに楽しめるとあって、外食産業でも人気が高まっています。...