高齢者の食事で気を付けること

  • 高齢者の弁当で注意するポイント

    • これから高齢者が増えていくと言われています。少子高齢化によって人口は減少を続けていくものの高齢者人口は右肩上がりで上昇していきます。

      その際に注意をしなければならないポイントに食事があります。外出する機会が少なくなることもあり、食事を食べなくなったり同じものが続くことがあります。

      栄養のバランスが取れないだけではなく、季節感を感じることができないのでアルツハイマー型認知症を発症する可能性が高くなってしまいます。

      認知症は季節感を感じるだけでも防げると言われています。
      外出をしないのであれば食事で季節感を感じることが必要です。少ない量しか作らないので栄養バランスが偏ってしまいます。

      弁当を宅配で利用する方が急増している現在において、弁当を作成する業者が注意をしなければならないことをいくつか検討してみましょう。
      1、何が届くのかを事前に知らせておく2、いくつかのメニューから選べるようにすることも重要3、高齢者の方は冷蔵庫に入れないことが多い点を理解しなければならない4、食中毒、ノロウイルスなどが発生しないように最大限の努力をする5、毎食ごとに届けるようにする6、弁当を届けるだけではなく、元気なのかを確認しておくことも必要7、他に届けるものはないかを聞いておくことも大切それぞれを詳しく考えていきます。



      1、1週間ごとにメニューを一覧表でお客様に渡しておくことで楽しみを増やしてあげることができます。


      自宅にいることが多いので食事が楽しみに思っていることを頭においておかなければなりません。また、一部何が届くかわからないメニューにしておくことも楽しさを倍増させることができます。
      2、業者が選択をするメニューだけではなく、希望に応じたメニューを提供することも重要です。



      食べたいものを食べる幸せを感じてもらえるのです。


      3、冷蔵庫が設置してあるとしてもほとんど活用しない方が多いことを覚えておかなければなりません。自分が食べるだけだからと冷蔵庫にいれないのです。
      配達員が冷蔵庫に入れることを促しても確実に入れてもらうことはできないことを理解しておかなければなりません。

      4、作成をした時点では一切菌が付着していなかったとしても、配達中や食べるまでの時間に菌が発生する可能性があることを理解しておかなければなりません。

      冷蔵庫には入れてもらえないことも念頭において菌を防ぐ方法を考えていくことが求められています。


      5、一日分をまとめて届ける方が効率は良いです。
      食べ残しや冷蔵庫に保管される可能性が低いことも考えるとおすすめはできません。手間がかかったとしても毎食ごとに届けるのが良いのです。

      6、配達員は高齢者の方が元気で健康に生活をしているのかも確認をしておくと良いです。


      ただ届けるのではなく、様子を伺うことで信頼関係を築くことができるのです。

      7、弁当を届けて終わりではなく、他に届ける日用品等はないかも確認をしておけばさらに喜びを感じてもらうことができます。



  • 関連リンク

    • 高齢者の食事は、栄養のバランスを考える必要があります。一人暮らし、特に男性の場合は簡単に食べられるという理由で、パンやうどんなどおかずなしで、食べる方も多いです。...

    • 高級なお寿司屋さんなどに行くと、つい気分が良くなって、普段とは違った振る舞いをしてしまい、それがマナー違反につながってしまうことがあるものです。また、普段通り落ち着いて食事をしたとしても、無知であることが人を不快な気持ちにさせてしまうことがあるものです。...