高齢者の食事で気を付けること

  • お寿司屋さんの専門用語

    • お寿司は日本を代表する食文化です。

      お祝いの席に欠かせないものですが、最近は比較的リーズナブルなものなどもあり、食べる機会が多くなりました。
      お寿司といえば、独特な言葉があります。
      一般的に広く知られているものから、あまり知られていないものまでいろいろあります。

      食材の名前ではなく、何かに例えているもので広く一般的に使われているのは「カッパ」です。

      概ねどこのお店でもきゅうりの細巻きを「カッパ巻き」や「カッパ」と呼んでいます。

      これは、きゅうりが河童の好物であるところからそう呼ばれるようになりました。「鉄火」もよく聞く呼び名ですが、これはマグロの赤身を巻いた海苔巻きのことです。
      昔、賭博場を鉄火場と呼んでいました。そこで博打を打ちながら食べることが出来るようにマグロの海苔巻きが作られました。
      そこから、「鉄火」と名前がつきました。


      お寿司に欠かせないのが「ガリ」です。
      「ガリ」はショウガの甘酢漬けですが、噛んだときに「ガリガリ」という音がするので、「ガリ」と呼ばれるようになりました。



      「ガリ」には魚の臭みを消したり、口直しのために食べられています。
      合間にガリを食べることで、口の中をリセットされ食材本来の味を味わうことが出来ますので、どこのお店にも必ずあるものとなっています。
      また、欠かせないものと言えば、醤油ですがこれば「ムラサキ」と呼びます。これは醤油の色が語源のようです。

      あまり知られていないのはわさびの呼び方です。

      わさびは「なみだ」と言い換えます。



      もちろんわさびがききすぎると、なみだが出るということが由来です。
      お茶のことは「あがり」と呼びます。
      口の中に残る味を流すため最後に出されたことから「あがり」と呼ばれるようになりました。

      そもそも「あがり」には最後という意味合いがあります。現在は粉茶が一般的に多く使われています。


      お金を払うときには「おあいそ」ということもありますが、実は「おあいそ」とはお客さんが使うべき言葉ではないのです。
      もともとお店の人が「お愛想がなくて、申し訳ございません」と謙遜の意味でお客さんに挨拶したのが語源となっており、お客さんが「おあいそ」と言うと失礼に当たります。

      たくさんの専門用語がありますが、基本的にはお店の人が使う言葉になります。



      お客さんが使う言葉ではありません。

      逆に高級なお店に行った場合は、専門用語を使わなければいけないのかと思ってしまいますが、お客さんである立場の人は普通の言葉で呼ぶのがマナーです。普通どおり「お茶をください」「お会計をお願いします」というように一般的な言葉にしましょう。寿司ネタが魚がほとんどですが、漢字で書かれていると読めないものもたくさんあります。


      湯飲み茶碗にもたくさんの漢字が書いてあるデザインのものが有名です。
      もし読めないのであれば、今日は何がありますかとたずねてみましょう。もしくはおまかせで握ってもらうことも出来ます。
      好き嫌いがないのであれば、おすすめで握ってもらえば、順番も気にせず美味しく食べることが出来ます。

  • 関連リンク

    • これから高齢者が増えていくと言われています。少子高齢化によって人口は減少を続けていくものの高齢者人口は右肩上がりで上昇していきます。...

    • 高齢者の食事は、栄養のバランスを考える必要があります。一人暮らし、特に男性の場合は簡単に食べられるという理由で、パンやうどんなどおかずなしで、食べる方も多いです。...